小学受験・中学受験・大学受験で抜群の合格実績
広島で進学塾を選ぶなら、大木スクール
ゲスト さん
こぐま会へのリンク
パズル道場
WEBパズル道場
四谷大塚NET
東進中学NET
東進衛星予備校
Googleサイト内検索
大木スクールグループ
【本部】
【大木スクールこぐま会広島校】
【四谷大塚NET広大附属前校】
〒734-0015
広島市南区宇品御幸1丁目17-5
TEL 082-252-2343
FAX 082-252-9008

【大木スクール大学受験部】
【東進中学NET広大附属前校】
〒734-0005
広島市南区翠1丁目3-11
TEL 082-252-4049
FAX 082-209-6049

【東進衛星予備校広大附属前校】
〒734-0005
広島市南区翠1丁目3-17
TEL 082-250-8868
FAX 082-250-8898

2016年度 中学受験 合格体験記|広島の学習塾・進学塾・個別指導|大木スクール

2016年度合格体験記

広大附属中・広島学院中・修道中 合格 広大附属小男子

 「よくやったな。」
 先生からのこの言葉をもらうまで、苦しい時もあったけど今思えば楽しかった大木スクールでも三年間がありました。
ぼくは大木スクールの方針によって積極的に物事をすることができるようになったと思っています。その理由のまず一つ目は、テストで順位が発表されることです。ぼくはこれによって自分の中でのライバルを見つけたり、何位までには入るという目標を立てたりして自ら勉強するようになりました。二つ目は、先生に質問すると必ず分かりやすく答えてくださることです。入塾した当初は正直、先生に何度も質問することがはずかしくてしたくはありませんでしたが、自分が分からないと感じればすぐに質問をして分かるようにしていくことが大事だと気付き、積極的先生に質問をするようになりました。このように、大木スクールは勉強そして人間性も育ててくださって三年間頑張ることができました。
しかし、なんといっても、ぼくの苦しい時の支えは、ぼくの気を察して一人を呼び出し話をして下さったこともある優しい先生方と、いつも前向きにしてくれる親と友達でした。今まで一生懸命受験に向けて頑張ってきたことが、勉強だけでなく全て将来に役立つのではないかと今、改めて感じました。
最後に、今まで三年間ずっとはげましてくれたり、弁当を作ってくれたり、塾への送迎をしてくれたお父さん、お母さんありがとうございました。

保護者様

 大木スクールに通い始める前は、夜遅くまでやらされるとか、宿題が多いとか、不安になるようなウワサを聞いておりましたが、実際はとても楽しく通わせて頂くことが出来ました。
 塾内での成績はもちろんいい時ばかりではありませんでした。五年生頃は焦りや、やってもやっても出来ない悔しさで苦しんでいる時もありました。勉強計画を一緒に考えても反抗する時もありました。
 しかし私はテストの点が悪くても怒るとか責める事は絶対にしないように心掛けていました。
 「テストはあなたが苦手な所、分かっていない所を見つける為のものだから、今いい点を取る必要はないんだよ。入試本番の時までに出来るようになっていればいいんだから。間違えた問題復習しようね。」という様に声掛けをしていました。
 六年生になってからは彼がプレッシャーに負けないように、いつも明るく
「大丈夫。大丈夫。」
「お母さん、落ちる気全くしない。」
「どこの中学校になっても、あなたが楽しく通えたら、それでいいんだよ。」
と自信をつけるような言葉をかけました。お勉強の事は塾にお任せで、私は精神面を支えられるように心掛けをしていました。
でも何より、彼が頑張れたのは大木スクールの先生方やお友達が大好きだからです。
毎日毎日、疲れている日も、眠たい日も頑張って塾に通う事が出来たのは、みんなに会える事を楽しみにしていたからです。
良き先生、ライバルに恵まれて切磋琢磨し楽しく通わせて頂く事が出来ました。ありがとうございました。

広大附属中・広島学院中・修道中・近大附属東広島中 合格 皆実小男子

 僕は小学校四年生の時に大木スクールに入塾しました。最初の頃は、内容についていくのが精一杯でした。
五年生になるとクラスの人数や科目の数が増え、慣れるのが大変で、なかなか質問することもできませんでした。また、この時期に大変だったのは、社会の暗記でした。そこで親に手伝ってもらったりしました。一問一答形式で、間違えた問題は覚え直して、もう一度出してもらう事を繰り返しました。
六年生になると、周りのメンバーと仲良くなり気軽に質問できるようになりました。一方でわからない問題も増えてきました。六年生の夏休みは、苦手だった算数の立体の問題に対しては、時間をかけてでも一題一題考え抜いて解ききる事をしました。6年生後半になると、入試の過去問を解くことが増えてきました。結果が悪い時には、理科ではHOP、社会では四科のまとめなどを使って暗記をして、基礎の定着を図りました。
入試本番では、会場入りする時の先生方の温かい言葉を思い出して落ちついて受験する事が出来ました。そのお陰で、僕は入試本番の日に熱がありましたが、合格することが出来ました。入試当日の休憩時間には、社会のプリント(入試必勝編)や漢字とことばのテキストを見直して過ごしました。
僕は入塾した時と比べると、勉強面でも精神面でも成長することが出来たと思います。教えてくださった先生方、ありがとうございました。

保護者様

 この度は、受験校合格に導いて下さり、ありがとうございます。
 息子は小学四年生の時に大木スクールに入塾しました。当初は、まだ習い事をしていたので週一回の土曜コースでのスタートでした。クラスは少人数でしたので、アットホームな雰囲気の中で勉強しておりました。
 五年生になると、通塾回数・教科数・クラスの人数も増え、慣れるまでは大変そうでした。特に社会の暗記は、覚えることが多く苦労したようです。しかしこの暗記テスト毎週繰り返す事で、多量の情報を短期間で暗記する力がついたように思います。
 六年生になると、火曜日の補習にも参加し、さらにハードスケジュールになったにも関わらず、楽しそうに通塾しておりました。夏休みは、まとまった時間がとれるので、理科の暗記と算数の苦手分野に時間をかけていました。冬休みからは、連日塾に通い、過去問演習の日々でしたが、家よりも塾で集中してやる息子にとっては、より良い時間の過ごし方が出来たと思います。
 修道入試日前日に熱を出してしまい、このまま受験できないかもと心配しましたが、息子は先生方の励ましもあり、「大丈夫、受験するから。」と言いました。三年間の通塾で強くなったなぁと感じました。
 先生方、スタッフの方、塾のお友達に出会えて成長出来た事を心より感謝しております。最後の最後まで息子を温かく見守って頂き、本当にありがとうございました。
 

広大附属中・広島学院中・愛光中・修道中 合格 安田小男子

 僕は小学四年生から大木スクールに通い始めました。六年生後半になると親と話をしながらも一週間に決めた一つのテレビだけを見ることにして外遊びやゲーム、買い物などもひかえるようになりました。その結果その部分の時間を勉強にあてることができるようになり、多少の波はあっても少しずつ成績が上がっていきました。そして受験に対する緊張感も持つことができました。
六年生になって勉強方法も変え、今までは得意な教科からやっていましたが、苦手な教科や理科などから先にやるようにしました。僕は長期休みと社会の暗記テストがとても役に立ったと思います。五年生の冬休みまでは家の中でゆっくりしたりしていましたが、夏休みや冬休みなどという便利な時間を無駄にしてはいけないと感じ、とくに六年生の夏休みなどは苦手単元の復習などを行うことができました。暗記テストは僕自身、とても大変だったと感じます。僕は期限がせまってギリギリでクリアするタイプだったため、最初は自分が暗記テスト表の色のついた部分にいても何もあせりませんでした。しかし受験が近づいたり、二十枚罰券、などと知ると毎日見直すようになり、結果覚えてしまっていました。本当に役に立ったと思います。また、一つ一つの週テストなどに目標をつけることでより高みを目指しました。
僕は県外受験をしたので六年生の秋ぐらいから他の友人達と県外の対策をするようになりました。僕は負けることが嫌いなため、体力がなくなっても必死に授業についていきました。僕はそれが県外のためだけでなく第一志望校の学院に対する力にもなると思ってがんばりました。
僕は学院の日に体調をくずし心配な状態で受験会場に向かうと先生方がはげましの言葉をかけてくださり落ちつくことができました。学院、修道、附属、県外のため自分をバックアップしてくださりありがとうございました。

保護者様

 この度は、志望校合格へ導いて頂き、そして先生方の熱心な御指導で高い目標を持って憧れの学校に挑戦できた事に、大変感謝しております。
 四年生からの三年間、大木スクールでお世話になりました。四・五年生の間は、わりと順調に進んでいたので、六年生になった時、先生方と相談して県外の学校に挑戦する事を決めました。しかし六年生後半あたりから、学校行事も忙しく、体力的にも厳しくなり、反抗期にさしかかってきた事もあり、成績も安定しなくなってきました。
 そんな不安な時、先生に面談して頂いたり、息子は親よりも先生からアドバイスなら聞ける状況だったので、勉強だけでなく生活面や精神面でのアドバイスや励ましの言葉をかけて下さったおかげで、最後まで諦めず県外の学校へも挑戦する事ができました。
 結果は、志望校は合格し喜びや達成感を経験し、県外の受験では悔しさを経験しました。受験を通じて得た、諦めずに頑張ったという達成感や悔しさを学びの糧に、これからも成長して欲しいと思います。そして、お互いに高めあえる友達に出会い、一緒に頑張ってきた事も、息子の大きな財産になると思います。
 本当に三年間、ありがとうございました。

ND清心中・広島女学院中・近大附属東広島中 合格 宇品小女子

 私は四年生の十二月ごろに入塾しました。最初のうちは新規生クラスでも皆のペースについていくのが精一杯でした。でも先生に自分が分からないと思ったことを質問するようになってからはどんどん成績がのびていきました。五年生の夏にGSクラスに上がりました。私は算数と理科が苦手なので授業後は補習に出て家で理科の暗記を確認し、六年生になることには四科目の苦手なものと得意なものの差がちぢまって安定するようになってきました。その、わずかな成績の動きに皆や親や先生が気付いてくれたときはうれしかったし、がんばって良かったと思いました。そして様々なテストを受け判定が出されるなかで、自分も受験するんだなあと自覚しました。そこから第一志望までの二カ月は毎日塾に通って自習し苦手な算数や暗記テストを受けました。毎日母に弁当を持ってきてもらい、先生にはわからないところを優しく教えてもらい最後まで自分を追いこみました。
長いようで短い受験勉強の最後である第一志望校の入試当日も、白いゆきだるまのような先生に闘争心を奮い立たせてくれるような言葉をいただき、リラックスして試験にのぞめました。受験した全ての学校で大木神社のカードを見て心を落ち着かせました。
第一志望は落ちたけど不合格は不合格でいままで皆とがんばってきたことや大木スクールの先生方や、自分自身はどう思っているのかをじっくり考えました。落ちたのは悲しいけど、受験して良かったと心から思います。
今まで一緒に切磋琢磨してきた皆、私に大きなものを残してくれた受験勉強を支えてくれた先生方、本当にありがとうございました。

保護者様

 仕事帰りに弁当のおかずを考え、夜には迎えに行く算段をする・・・といった我が家の大木ライフも終わり、早や1か月経とうとしています。今思えば、親子ともに、充実した日々を過ごさせていただいたと思います。そして、娘が常に家にいて、家族で毎日、食卓を囲めることにも幸せを感じる今日この頃です。
 低学年の頃から、娘には中学受験にトライしてもらいたいと考えており、入塾のタイミングを計っておりました。この時期の子どもにとって、十分に遊んだり、好きな習い事などに熱中する、ということも重要だと考えておりましたので、通常の入塾時期より少々遅く、4年生秋の全国統一テストから、無料体験を経て入塾させていただいた次第です。
 一般的な中学受験準備開始からは遅いスタートとなり、特に算数で娘はかなり苦戦しましたが、新規生に向けた先生方のフォローと、娘の負けず嫌いな性格で何とか食らいついていった、という感じです。(本当のところは、かなり親子で衝突しました・・・)
 大木には、学校の雰囲気とは異なった、ある一定の目標に向かって頑張るいい仲間たちがいたように思います。そうした友だちとの切磋琢磨と、先生方の叱咤激励が、娘にとっての「頑張る源」となっていたようです。
 第一志望には不合格となってしまいましたが、そこに至るまでの頑張っていた娘の様子と、親子で確かに感じた手応え、そして一緒に泣いたこと・・・大変貴重な、得難い経験をさせていただいたと思います。
 次の目標に向かい、しっかりと前を向き始めた娘をたくましく思い、ここまで成長させていただいた先生方、事務の皆さん、大木の仲間たちに、本当に感謝しております。

ND清心中・女学院中・近大附属東広島中 合格 矢野南小女子

 私は、姉の受験の時からずっと大木スクールにお世話になってきました。私が六年間大木スクールにいた中で楽しかったこと、苦しかったことの二つについて体験談をお話します。
まず、楽しかったことです。私が楽しかったことは出来無かった問題が出来るようになることです。大木スクールの先生方は生徒が分かるまでいろいろな方法で教えてくださいます。なので、分からない問題を次々と解けるようになると自信がつき、勉強も楽しかったです。
次に、苦しかったことです。私は社会の歴史がとても苦手でした。しかしA先生に社会を特訓してもらい、少しずつ出来るようになりました。私にとって苦しかったことは、社会の点をのばすことですが、A先生が手助けをしてくださったので苦しさが和らぎました。他の教科でも苦しかったことはありましたが、その教科に応じた先生が手助けをしてくださいました。なので今苦しいことは昔よりとても減っています。
最後に大木スクールでないと志望校に合格できなかったと思います。なぜなら、他の塾と合格させたいという気持ちの強さが全然違うからです。私は合格させてくれた塾と、塾に行かせてくれた親に感謝でいっぱいです。

保護者様

 六年間という長い間、先生方には大変お世話になりました。合格できたのは、大木スクールに通わせていただいたお陰だと心から感謝しております。五年六年では授業時間も増え夜おそい帰宅が続き、本人もしんどかったと思いますが塾に行きたくないと口にしたことは六年間で一度もありませんでした。先生との信頼関係ができているからこそだと思います。最後まで熱心にご指導くださり、本当にありがとうございました。
 この受験を通して、夢をかなえるためには相当な努力が必要なこと、でも努力すれば夢は現実になることを、子供は学んだと思います。それを学ぶことができたのも、大木スクールだったからこそだと思います。
 これからは、将来の夢に向かって努力し、夢をかなえてほしいです。勉強だけではなく様々なことを教えていただきありがとうございました。大変お世話になりました。

広大附属中・広島学院中・修道中・近大附属東広島中 合格 東雲小男子

 僕は、六年の七月ごろまでサッカーをやっていました。その頃は、授業は二限と補習しか受けることができず、みんなからおくれていました。でも、サッカーを休部して受験まで、必死で、勉強をしました。特に、社会に力を入れやりました。と、言うより、A先生が授業後補習の後に、補習の補習をしてくださり、みんなが当たり前としているようなことも、質問できることができました。
大木スクールの先生方は、どんな質問でも分かりやすく、答えてくれるので、分からない問題があっても、次の問題に行くことができ、勉強が捗ります。算数では、高い点数を取ることだけでなく、安定して点数を取れるように、宿題で出たところだけでなくても、難しく分からなかった前のところをくり返し解くことを意識してやりました。国語では、授業中にしっかり集中して、どこの答えが根拠になったのかを聞きながら考えることで一点でも点数を上げようと努力しました。理科と社会ではたくさんの問題をといて、点数をあげようとしました。でも、一番は先生方の授業をしっかり聞いて、問題を解くことだと感じました。
人よりおそく始めた受験勉強でしたが、大木スクールの先生方によるフォローのおかげで第一志望の広大附属に合格できました。ありがとうございました。

保護者様

 息子は四年生の時に大木スクールへ入塾しました。地元のサッカーチームに所属していたため、四・五年の間は塾へ行くのを大変嫌がりました。行くとしたらサッカーの練習の後に遅刻していき、週末のテストも振替ばかり。そんな息子ですが先生方は嫌な顔一つせず見守り対応してくださいました。そのお陰で息子は、自分の限界と思うところまで存分にサッカーをし、六年の途中から塾に専念することを自分で決めました。
 しかし、授業はほぼ六年までの範囲で終わりかけており、社会においては授業を飛び飛びでしか受けていない分、散々でした。その後、先生に社会の補習をして頂くうちに、息子の意識はかなり変わったと思います。一生懸命教えて下さる先生の期待に応えたい!と思っていたと思います。また、頑張れば追い付けるという貴重な体験もできたと思います。
 テストや授業が早く終わった時は、よく近くの公園で友達と元気に遊んでいました。家で勉強する姿をあまり見なかったので、親はかなりイライラしましたが、大木スクールの先生方のノウハウにより上手に時間を使って受験を乗り越えたのではないかと感謝しております。
 先生方、本当にありがとうございました。

広大附属中・広島学院中・修道中 合格 宇品小男子

 ぼくは小学校六年生の春期講習から大木スクールに通い始めました。ぼくは、算数は得意でしたが理科社会はまったくといっていいほど手つかずで苦手でした。なので自分で勉強しなければならないのですが、ぼくは家では勉強をしないのでまずは授業で先生の話をよく聞くようにしました。するとできなかった問題ができるようになり問題をとくためのテクニックやミスの減らし方がつかめてきました。先生の話を聞くことで理科社会が算数と並んで得点をかせげる科目になりました。するとOクラスからZクラスまで上がることができました。Zクラスでは授業で広大附属や広島学院だけでなく県外の難関校の過去問をするのでどの教科においても成績がのびるようになり自信がついてきました。
しかし受験校試験日三日前、緊張からか今まで味わったことのない恐怖を感じました。そこで先生に声をかけていただき試験日までに自信をとりもどすことができました。
試験日には先生方一人一人と握手して臨み、よい緊張感を持つことができました。おかげで志望校に合格することができました。
本当にありがとうございました。

保護者様

 この度は第一志望校に合格することができ、親子共々大変嬉しく思っております。これも先生方の熱いご指導のお陰と感謝しております。
 県外から引っ越してきてすぐの小六春期講習から入塾しました。それまでは、個人塾に通っていたこともあり、自分の位置が分からない状態でした。いくつかの塾を体験し、学習のきめ細かさと全体の位置把握とのバランスが取れている大木スクールを選択しました。
 完全に出遅れていた理科社会が心配でしたが、簡潔にまとめられている大木オリジナル教材が見やすく、整理しながら覚えていくことができました。暗記テストに合格したら文具券がもらえるシステムは、息子のやる気スィッチを押してくれました。自宅で集中して勉強できない息子にとって、夜遅くなってしまいますが、自由参加の補習授業があったのも大変良かったです。
 どの先生、事務の方と話しても息子のフルネームを覚えていてくれて、いつでも誰にでも質問できた事は心強かったです。
 本番直前に急な不安に襲われた時も、先生方の適切な助言のおかげで、落ちついて試験と向き合え、想像以上の良い結果を得ることができました。本当にありがとうございました。

広大附属中・広島学院中・修道中 合格 皆実小男子

 僕は三年間大木スクールに通いました。最初の組分けテストを受けて、「成績上位者の中に入る」という目標ができ、それに向かいがんばっていました。
 五年生になり一回目の組分けテストでクラスがGSからZに上がることができましたが、レベルが高く、特に算数や理科はついていくのが大変でした。段々とZのペースに慣れてきて、成績も上がっていきました。そして、「得意な社会で一番になる」という目標を立て、テストの結果を見て一喜一憂していました。そのときの嬉しさや悔しさがモチベーションにつながっていきました。
 十月ごろになって本格的に入試を意識するようになりました。過去問を解いていくうちに自信を持てたり、不安になることがありました。
 志望校の入試当日は、とても緊張していましたが、先生に「いつも通りやれば大丈夫」と言って頂き安心しました。試験教室に入ると緊張はなくなり、「大木で三年間勉強したから合格できる」と、自信を持って試験に臨むことができました。志望校に合格し、入学することができたのも、先生方とサポートしてくれた家族のお陰です。
本当にありがとうございました。

保護者様

 先生方には三年間ご指導いただきありがとうございました。お陰様で、希望の中学に進学が決まり。ほっとした気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。
 大木スクールには、四年生の新年度より二科目からの参加でした。大木スクールの印象は、塾生の志や、有名中学への合格率も高い塾というイメージがあり、最初は「親も子もついていけるだろうか」と心配でした。
 しかし、他塾も体験した後に、大木スクール冬期体験授業を受講させていただくと、息子は、何かを感じ取ったようで、悩まずに「僕は、大木スクールに入塾する」と言ってきました。
 入塾当初は成績にバラツキがあり、受験まで通塾できればいいかなぁというのが本心でしたが、次第に授業内容を理解しはじめた息子を見ていると、だんだんと頼もしくなり、息子も勉強が面白くなってきたことや成績の良い仲間たちに対する負けず嫌いの性格もプラスに転じ、徐々に成績が上がり始め、その後は波に乗るかのように順調に進んだ感じでした。
 六年生の夏休み辺りに、中弛みもありましたが、体を動かしたり、出掛けたりすることで、根を詰めすぎずに息抜きをしたことが、ストレスの軽減に繋がったのではないかと思いますが、何よりも大切だったのは、温かいご指導をいただく先生方を信頼し、目標に向け頑張り続けたことが、合格というゴールに繋がったと思っています。
 先生方、本当にありがとうございました。

広島学院中・愛光中・修道中 合格 安田小男子

 僕は、二年生の時に入塾しました。僕は中学を意識し始めたときから第一志望は広島学院でした。しかし、僕には二つの欠点がありました。一つ目は苦手教科がはっきりしていて点数が良い時と悪い時の波が激しいこと。そして二つ目はミスが多かったことです。しかし、大木スクールで先生方の補習や個別授業、アドバイスなどによってだいぶ波はおさまり、ミスも減りました。また大木スクールでは仲が良く、いろいろなことを話せて成績でも競い合うことができる友達やいろいろな質問に答えてくださる先生方など、本当に良い仲間や先生方がたくさんいたので、大木スクールでの勉強や宿題は確かに大変でしたが、楽しく通うことができました。また、先生方がこの問題は出る確率が高いとおっしゃった問題が本当に何問も出たので、先生方の読みには感謝しました。
 受験当日には人が多く混雑したなかで良く目立つジャンパーを着て立っていてくださり、先生方の激励の言葉によって安心して受けることができ、第一志望の学院など合格することができました。
 教えてくださった先生方ありがとうございました。

保護者様

 大木スクールには、息子が2年生の時から5年間お世話になりました。このたび、無事に第一志望の広島学院中に合格でき本当に感謝しております。
 「大木スクールは、夜が遅くなりすぎるとか、スパルタだからそんなにする必要があるの?」と、他塾の友達に言われたこともありました。
 しかし、授業後に残るのは強制ではなく、本人が自ら希望して補習にでていました。また、先生方もスパルタではなく、親にとっては相談しやすく、息子にとっては話しやすく、とてもあたたかみのある塾だと感じています。
 学習面では、宿題が多く全部できないと相談したこともありました。6年生の夏以降は毎日のように塾がありしんどいなと感じたこともありました。しかし、日曜日の対策授業に通ったり、大木スクール独自の社会・理科の問題集や、直前の社会プリントをこなしたことで本当に力がついたなと感じています。直前の社会プリントと全く同じ問題が広島学院の社会に出ており、理科も先生が出そうと言ったところが本当に出た!と息子が言っていたのには驚きました。苦手な国語を個別で教えてもらったこともあり、本当に先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
 そしてなにより、息子は大木スクールが大好きで、良い塾仲間にも恵まれ、楽しく通えたことが一番良かったと思っております。
 大木スクールでの受験勉強を通し、学習習慣も身についたので、今後中学での勉強もこなしていけるという自身にもつながりました。
 5年間支えてくださり本当にありがとうございました。
Copyright(C) 2007- 大木スクール All rights reserved.
【本部】
【大木スクール小学受験部】
【四谷大塚NET広大附属前校】

 

【大木スクール大学受験部】
【東進中学NET広大附属前校】

 

【東進衛星予備校広大附属前校】