ライブ授業と映像授業のハイブリッド体制

 2012年、大木スクール実力講師陣によるわかりやすいライブ授業と、東大現役合格588名(東大現役合格者の実に3.4人に1人を占める)を出す東進(2012年度)が中高一貫校に通う中学生向けにつくった東進中学NET(映像授業)を組み合わせた体制(=ハイブリッド体制)が本格的にスタートしました。
 中学受験によって得た学力を活かし、今から大学入試を意識した学習をスタートすれば、東大・京大、国公立医学部さらには海外名門大学への合格も夢ではありません。映像授業を使用しているので自分の到達している場所から自分のペースでスタートできます。大木スクール実力講師陣がライブ授業にて親身にフォローし、また定期テスト対策も別途実施して学力定着をサポートしていきますので安心です。

ハイブリッド体制の特長

・週7日、希望の時間・曜日に通塾ができ、受講・質問・自習ができます。
・東進中学NETに加え、大木スクール実力講師陣による学力別のライブ授業(週1回土曜日)で学力定着をはかります。
・学校の定期テスト対策はもちろん、勉強の姿勢や日々の習慣付けに至るまで学習法を徹底的に指導します。